Close

インダストリー4.0の現状

次の産業革命が起こると言われていますが、それは本当に起こっているのでしょうか?インダストリー4.0への取り組みは具体的に進んでいますが、その導入状況は必ずしも各業界で足並みがそろったものではありません。

接続ソリューションのリーダーであるモレックスは、インダストリー4.0の実現を目指す企業を調査しました。この調査結果は、さまざまな製造業の方々にこの革命における産業の方向性を正しく理解してもらうためのものです。

レポートはこちら

実際の経験や意見は

モレックスでは、 インダストリー4.0に関連するロボットやデバイス、制御システム、複雑な機械を製造する企業で様々な職務を担う、216名の皆様を対象に調査を実施しました。

レポートはこちら

成功への優先順位とその実績

ほぼ半数の51%が、インダストリー4.0への取り組みが社内の優先事項として明確に定義され、経営陣に指示されていると回答しています。次に多いのが (24%)、大まかなビジョンを決めているものの、専任部隊は持っていないというものでした。

現場では確かな進捗が - 49%が、インダストリー4.0に向けたいくつかの大きな成功を収めている、あるいはほぼ達成、ベストケースのシナリオを達成と回答しています。

デジタルトランスフォーメーションがインダストリー4.0の実現を加速

半数を超える58%が、デジタルトランスフォーメーション関連への投資がインダストリー4.0実現への取り組みを促し、加速させると回答しています。しかし、この回答は職種 により違っており、技術系の役職者はビジネス系の役職者に比べてはるかに多くの人がこのように考えています(それぞれ67%と37%)。

ほぼすべての方々が何かしらの課題を

ほぼすべての回答者が、インダストリー4.0の取り組みを実施する上での障害に直面しています。その中には、文化的な問題 (96%)、ビジネスモデルの問題 (98%)、技術的な問題 (99%) が含まれています。

回答者のお客様サイドでも問題を抱えており、文化的な問題が最も困難であると考えられています (44%) 。

追加機能による恩恵は確実

ロボットメーカー、複合機メーカー、システムインテグレーター、ラインビルダーなど、インダストリアル業界のサプライチェーンは、インダストリー4.0を実現するインフラを提供しています。調査回答者の100%がインダストリー4.0でもたらされる追加機能の恩恵を受けると回答しており、40%が多目的接続ソリューションをその1つとして挙げています。

モレックスはこのサプライチェーンを活用して、多くの企業にとって手の届くところにあるビジネス成果を実現するソリューションを提供します。インダストリー4.0テクノロジーのフルパワーを活用するための、オープンでスケーラブルな接続プラットフォームは、モレックスにおまかせください。

詳細はこちら
OUR INDUSTRY EXPERTS TAKE A DEEP DIVE INTO THE NEWEST TRENDS AND INSIGHTS
ご登録先に最新トレンドや調査・分析等の記事の更新情報をお送りいたします。