エンジニアの声:蓄積した知識を活かし、2022年の業績向上を目指す

In the Industrial Engineering Facility: Portrait of the Handsome Male Engineer Working on Desktop Computer, Chief Engineer Stands Beside and Explains Particularities of the Task and Project Details.組織とは、そこで働く人々を映す鏡のようなものです。先端機能を可能にし、未来の生活を変えるイノベーションの推進に努めるエンジニアは、テクノロジー企業の生命線とも言える、なくてはならない存在です。接続機能やその他の電気部品を実装した製品の設計や開発は、複雑な作業であり、彼らは膨大なストレスにさらされながらも数々の製品を送り出しています。   

相互接続の分野での技術の進歩を確実に促進するために、モレックスでは、組織のあらゆる階層において、常にエンジニアリングの能力と専門知識を強化しています。

モレックスには、インターンとして当社の職場環境を経験した後に入社してキャリアを重ねるエンジニアが多数在籍していますが、当社では彼らのスキル構築や活躍の機会は、このインターンとしての就労開始時点から始まるものだと考えています。キャリアを積み重ねるにつれ、様々な専門分野における彼らの技能も円熟していきます。新しい製品の設計や新規プロセスの開発には、なんらかの壁を伴うものですが、経験を積んだエンジニアは問題解決のマインドセットで課題にアプローチし、障害を容易に克服して結果を出すことができます。さらにモレックスではエンジニアに、同じエンジニアや顧客との協働を勧めており、それぞれが互いの経験や視点を組み合わせることがよりよい結果につながり、これが未来のニーズに的確に応じたテクノロジーの開発のきっかけにもなると考えています。

最前線の現場から: 変革に向けた課題の克服

Ricky Alvarez Gonzalez

Ricardo Alvarez Gonzalez, a University of Illinois-Chicago alum, works in the Consumer and Commercial Solutions Division as a project engineer designing power connectors.

モレックスのエンジニアはどのような課題に直面し、解決しているのでしょうか?今回、熱意あふれるエンジニアが現場からの話題を提供してくれました。2021年にどのような教訓を学び、それを2022年にどのように活かしたか?エンジニアが提供してくれた話題は、各自の役割や業界内の重点領域、所属する事業所の地域の範囲に限定された話題ではありましたが、エンジニアは単に製品を設計しているのではなく、多数の重要な業界分野で、イノベーションを前進させるつながりを創っているのだということをすべての話から強く感じることができました。

昨年は、世界中の多くの人々にとって困難な一年でした。しかし、モレックスのプロジェクトエンジニアRicardo Alverez Gonzalezは、この困難を、変革のための体力づくりの機会として受け容れました。極めて限られた期間内に新たなコネクターを設計しなければならなかった2021年、リカルドは、学びと問題解決においては優れたコミュニケーションが重要な役割を果たすことが多いということを実感したようです。

そして、「同僚や上司とのブレインストーミングセッションを数回行いましたが、短い日数で設計案を作成して顧客に提案することができました」と話しています。

コロナ禍そして時差も存在するなかでは、従来どおりのコミュニケーションの維持は難しくとも、日常の情報や知識のやりとりを止めないように努めることで大きな結果も実現できる、ということを彼は学んだのです。リカルドは「その仕事は見事に受注しました。生産と納品の期限もかなり短い日数を指定されたのですが、各地のプラントと協力して、試作品も迅速に提示することができたのが良かったと思っています」と続け、また、昨年のパワー用コネクター関連業務全般については、「謙虚に協力や知識を求める中で、いろいろと学ぶこともできました」とも感想を語っています。また、昨年のパワー用コネクター関連業務全般については、「謙虚に協力や知識を求める中で、いろいろと学ぶこともできました」とも感想を語っています。

Erin Murphy

Erin Murphy graduated from the University of Wisconsin-Stout and is a mold process engineer in the Copper Solutions group

モールドプロセスエンジニアのエリン・、マーフィー (Erin Murphy) は、エンジニアリングプロセスの促進においては、経験を通した学びと、学んだことを共有することが大切だと考えています。
エリンと彼女のチームは数日間かけて、プロダクトエンジニア向けに、コネクターその他ハウジングやオーバーモールドといったコンポーネントのプラスチック部品の開発で使用する素材およびプロセスに関するアドバイスを行いました。製造性考慮設計 (DMF) シミュレーションや概念実証といった作業方法等です。

2021年には改善の必要性に気づき、チームメンバーの知識を持ち寄って全社規模でのDMFの再検討も実施しました。この取組みは、モレックスのエンジニア間での知識共有を容易に行えるよう、すべてのプロセスおよび情報を1か所に集めることを目標として実施されたものですが、そのメリットは膨大です。例えば、過去の分析で集められた知識全部にエンジニア各自の側から簡単にアクセスすることができれば、アプリケーションや環境条件その他、各種条件下での素材やプロセスの適/不適合に関して、事実に基づいた詳細情報が得られ、これによって設計時間を短縮できる可能性があります。

Alex Haser

Alex Haser attended the University of Illinois-Urbana Champaign and works as a senior design engineer in industry standards.

アレックス・ヘイザー (Alex Haser) がシニア・インダストリー・スタンダード・エンジニアとして働き始めた際に気づいた課題の一つが、お互いのコミュニケーションとニーズを理解するためのソフトスキルの必要性でした。入社して8年経った今では、周囲の人の関心事が何であるかを理解して対応することができるように、適切な質問をすること等、確かなコミュニケーションスキルを一通り会得しています。このような経験がやはり、次世代データセンターシステム向けのモレックス製品に関する業界規格について文章を書くといった、会社の変革を推進するために意義ある貢献を果たせるという、彼女自身としても特にやりがいを感じられる仕事にもつながっているのです。

デービッドは「新たにグループマネージャーとしての役を担うことは、皆で仲良くしたいために衝突を避けがちな性格の私にとって、一つの挑戦でした」と話しています。限界に挑み逆境に立ち向かう経験をしたことで、問題解決のために計算した上でリスクを取ることや「良い衝突」に関わることに対するデービッドの価値観も変わりました。2021年の多数の課題のうちの一つであった、サプライチェーンの問題については、早い段階から行動を開始し仕入先を追加して2社とすることで彼のグループの変革を促進することを、2022年の目標としています。

経験を2022年の機会に活かす

David Sias attended the University of Illinois-Urbana Champaign and is a mechanical engineer working as a group manager in Molex’s Consumer and Commercial Solutions Division.

学んだ教訓を2022年に活かそうと考えているのは、デービッドだけではありません。実際、テクノロジーは常に進化しているのですから、変革とはエンジニアの仕事の一部にすぎません。エリンが言うとおり、私たちは「プロセスについて新しいことを毎日学んで」います。

学んだことを次のプロジェクトや問題解決に応用するのはエリンの仕事の一つで、例えば変化する市場の要望に合わせて新規の設計要件に関する課題を解決することも彼女の仕事です。例えば2022年、エリンは製品の小型化傾向は今後も継続し、設計のスペース要件がさらに厳しくなると予測しました。そして、

「小さくなる一方のフットプリントに合わせた製品では、機能や許容限界値が制限されるようになります。これは、現在の成形プロセスの変更や新たな金型の開発が必要になることを意味します。私たちは常に、新たな手段を開発し続けています」と話してくれました。また、常に変化するテクノロジー業界においてエンジニア個人としての能力も日々試されているとも。知識や専門技術を互いに共有すること、これは成功の鍵でもありますが、その重要性が2022年にはもっと増してくるのでしょう。

Sarthak Shukla graduated from the University of Michigan and recently relocated to Fremont, California, to start the next phase of his career as a sales engineer.

電気自動車業界を担当するセールスエンジニアのサルタク・シュクラ (Sarthak Shuklaa) さんは、モレックスのチームやお客様と共に働く機会を楽しんでいる様子で、「画期的な設計の製品向けの接続ソリューションをお届けすることには、重大な責任を感じますが、満足度も高い仕事ですね」と話しています。また、「モレックスのセールスエンジニアは、達成感を実感できる仕事です。なにより、モレックスのイノベーションがどのように顧客の製品設計に活かされているのかを、そして最終的なアプリケーションにどれだけのインパクトを与えるのかを、直に見ることができるのですから」と話しています。

医療機器や自動運転、5G、スマートビルディングをはじめとする様々な製品で、技術開発が加速するなか、ビジネスの機会はあらゆるところに存在しています。2022年はもうひとつの先端業界である電気自動車業界においても、モレックスの接続製品ポートフォリオやエンジニアリング技術で顧客の力になることができるだろうと彼は期待しています。そして「年々、電動化へ舵を切ると発表するメーカーが増え、電動車の量産が次々と開始しています。この業界には莫大な成長のポテンシャルと、業界の状況を一変させるような新たなイノベーションが生まれる機会があると思っています。未来はやはり電動化ですからね」と話しています。

また、コロナ禍を経験したことで、顧客と、より効果的なコミュニケーションを取れるようになったとも考えているようで、次のようにも語ってくれました。「元のように直接会って話をすることができる方が、メリットが大きいことは間違いないのですが、リモートの場合は顧客と柔軟にやりとりできることで、顧客個別の要望をしっかりと聞いて対応できるという利点も感じることができました」

例えば、リモートでのコミュニケーションでは、顧客からの問い合わせに即座に回答することができます。「顧客とオンラインでミーティングをする場合は、世界のどこからでもクリックひとつで参加できますし、顧客から求められれば、その場で技術的なプレゼンを追加的に提供することができます。質問されてから返信するまでのタイムラグがありません。コミュニケーションの行き違いといったリスクも低減できます。業務スピードが上がりますし、顧客にもスムーズなやりとりを実感してもらうことができます」とサルタクさんは話してくれました。

エンジニアリングの専門知識と将来

絶え間なく変化する個々の顧客のニーズに応える、次世代のコネクティビティソリューションを実現に導くのは、モレックスのエンジニアたちです。進化の道程には避けられない障壁もありますが、私たちの進化を阻むものではありません。実際の経験を介した変革と、モレックス社内そしてモレックスと顧客との間での協働の両方は、問題解決と画期的製品の開発に理想的なマインドセットをもたらすでしょう。私たちは様々な課題に負けるのではなく、課題を乗り越えて強くなっていきたいと考えています。