多くの人の視力維持に貢献するイノベーション

革新的な医療技術の開発には、難題となり得る問題が山積しています。プロジェクトが頓挫することもあれば、時間やリソースばかりがかさんでしまったり、前例のないアイデアの行き先がかすんでしまうこともあるでしょう。モレックスの系列会社であるPhillips-Medisizeは、独自の共同設計アプローチにより、眼科治療のグローバルリーダーが加齢黄斑変性症を治療するためのより良いソリューションを設計、開発、製造できるよう支援しました。
 
なぜそれが重要なのか: 加齢黄斑変性症は、世界中で約2,000万人が罹患していおり、60歳以上の失明の主な原因となっています。
 
どのように機能したか: Phillips-Medisize は、製造、設計、人的要因の専門家、および顧客の医薬品と臨床の専門家からなる幅広いチームを集め、問題提起に取り組みました。Phillips-Medisizeは、どのようにして斬新な新しいソリューションを創造するのでしょうか?

  • イノベーションの限界に挑戦する先進的な医療機器の製造には、専門的な能力が必要です。このソリューションにおいては、数百ミクロン以下の帯状の粘着剤を吐出することができます。これは、人間の髪の毛よりもわずかに大きいサイズです。 

Image Caption: Westendorf J, “A Culture of Collaboration Inspires Innovation and Life-Changing Therapies”. ONdrugDelivery, Issue 130 (Mar 2022)

さらなる深堀り: Phillips-Medisizeが、コラボレーション文化、アイデアの創出、新たな発見と実行へのシステム的アプローチにより、チームが最先端の医療製品の複雑な開発プロセスをどのように乗り切っているか、このONdrugDelivery articleの記事で詳しくご覧ください。

Product Development Manager, Phillips-Medisize