5G パーティーの開催

“パーティを開いたはいいが、誰も来なかったらどうしよう?” 携帯電話会社や機器メーカーは、世界中で5Gネットワークや機器の展開を進めていますが、多くの分野で顧客が5G技術を利用するためにプレミアムを支払う理由が明確になっていないため、このような疑問を抱いています。

この不確実性は、モレックスと第三者調査会社Dimensional Research社が研究開発、製品、エンジニアリングに携わる5Gキャリアネットワークの専門家を対象に実施した調査の回答者にも共通しています。この調査に参加したエグゼクティブの5分の3は、5Gの導入を促進するには、まだ定義されていないユースケースや「キラーアプリ」の登場が必要だと感じています。しかし、ほとんどの回答者は、5年以内にエンドユーザーが5Gから大きな恩恵を受けると考えています。問題は、そのキラー・アプリが何なのか、あるいは、通信業界が自信を持って予測しているエンドユーザーの利益を実現するためには、複数の市場分野や地域で複数のブレークスルーが必要になるのか、ということです。

世界の携帯電話業界を代表するGSM Associationは、モバイルテクノロジーがいかに普及しているかについて、驚くべき統計を発表しています。2021年3月時点で、世界の携帯電話加入者数は53億人以上、モノのインターネット(IoT)機器用のライセンスされたセルラーリンクを含めたモバイル接続数は103億以上に上るとしています。2019年にはゼロだった5Gネットワークへのアクセスが、2025年には20%のモバイル接続(セルラーIoTリンクを除く)で可能になると予測しています。また、2019年に120億台だったIoTデバイスが、2025年には246億台となり、セルラー接続に依存するようになるとしていますが、そのうち何台が5Gネットワークを利用するのかは不明です。これらの予測は、パンデミックが私たちの予想を覆す前に立てられたものですが、モバイル業界は明らかに、5Gに対する強い要望があり、しかもそれがすぐに実現すると考えています。

5Gネットワークの技術力を高く評価するのには理由があります。5Gネットワークは、アップロードとダウンロードの速度が速く、低遅延の接続が可能で、旧世代の携帯電話技術よりも単位面積当たりの接続数を多くサポートできます。Apple、Samsung、Oppo、Vivoなどの携帯電話メーカーは、自社ブランドのフラッグシップ製品として5G携帯電話をすでに発売しています。これらのベンダーは、5Gネットワークが実現するピークデータレートをマーケティングでアピールしていますが、最初は、混雑した場所での接続が容易になるという理由で、消費者が5Gを評価(購入)するのかもしれません。土曜の午後、混雑したショッピングモールで、5本の信号バーが表示されているのに接続できない端末を持ったことがある人なら、5Gへのアップグレードの有用性はすぐに理解できるでしょう。

新しい技術を導入すると、その使われ方が開発者を驚かせるという性質があります。ユーザーは、ある用途のために開発されたテクノロジーを、まったく別の用途に再利用します。例えば、4Gの登場により、高速ダウンロードやモバイルビデオが可能になりました。しかし、4Gのおかげで、Netflixがあのように普及したり、TikTokのような動画ベースのソーシャルメディアが登場したりすることは予想したでしょうか。だからこそ、コンシューマー市場は5Gの重要な実験場となるのです。他の分野がまだ5Gの活用方法を模索している間に、何億人ものエンドユーザーが5Gの機能、それによって実現されるユースケース、そしてそれを支えるビジネスモデルを模索することになるでしょう。

調査回答者もこの分析には賛同しており、43%が5Gを最初に利用するのはコンシューマーであると予想しています。消費者向けのアプリケーションによって、この技術のさまざまな側面が活用され、他の分野にとっても貴重な知見が得られるでしょう。コンシューマー向け5Gのキラーアプリは何かという質問に対しては、回答者の35%がAR(拡張現実)、34%がゲームを挙げています。どちらも、土曜日の午後に買い物をする人を惹きつけるような可用性の向上ではなく、5G接続の低遅延と高データレートを利用したものです。

調査回答者は、ファクトリーオートメーション、プロセス制御、スマートグリッドの導入、ロボット工学、物流などのアプリケーションにおいて、5Gの恩恵を受けると思われる次の分野として、産業用IoTを挙げています。産業分野の次は、固定無線アクセスで、特に農村部へのブロードバンドの展開が期待されています。また、自動車分野での5Gにも大きな期待が寄せられています。最初はインフォテインメントとテレマティクスのために、後には無線によるファームウェアのアップデートや自律走行の実現のために使われます。その次は、企業向け無線ネットワーク、そして医療分野への応用を想定しています。

5G業界の人々が注目すべきなのは、5Gの「キラー・クルー」、すなわち、異なる市場で異なる時期に異なる技術的能力を活用することで5G規格の普及を促進する、新しいユースケースの集団です。

もし5Gがパーティーを開いても誰も来なかったら?これが携帯電話業界の問題になるとは思えません。むしろ、5Gの展開は、期待していたゲストが全員時間通りに現れ、その後、予想外の、しかし歓迎すべき訪問者が夜通し、そして早朝まで絶え間なくやってくるような、息つく暇のないパーティーのようなものになるでしょう。ホストなら誰でも知っているように、パーティーを成功させる鍵は、それぞれのゲストの異なるニーズや動機を理解した上で、ゲストが自分のペースで、自分の好きな方法で、他のゲストと一緒にパーティーを楽しめるようにすることです。モレックスは、世界各地での事業展開、インフラおよびデバイスレベルの専門知識、複数の市場セクターの進化するニーズへの深い理解、変化する業界要件を予測するための絶え間ない研究開発活動により、驚異的な5Gパーティーのホストおよび仲人として理想的な立場にあります」と述べています。

Vice President and General Manager Micro Solutions Business Unit at Molex